SAPIXの通信教育

お子様の可能性を引出し 将来を見据えた学力を育む サピックスメソッドをご家庭で

会員様の声

3月で4年間続けましたピグマキッズくらぶを終了することになりました。小学校に入る1年ほど前に本人から「小学校に入ったら一番になりたいから勉強したい」といった強う思いを伝えられ、そこから1年生4月号のピグマを始めました。常に一年先の勉強だったのですが、教材のやり方に沿って上手く波に乗れたと思います。後半の2年位はほとんど一人で進めていくことができました。おかげさまで学校でも常にトップをキープしており、本人の大きな自信と意欲につながっています。本当にありがとうございました。

3年生 東京都 岡崎さん

11月号でピグマを終えることになりました。1年生の4月から二人三脚で毎月の課題に取り組みました。添削も送り続け、一度もお休みすることなくできたことは、親子で充実感が持てました。

カラフルで楽しいテキスト、出会ったことの無い問題、そしてピグマ先生からの添削のお返事。これらはどれも子供にとって良い体験でした。ありがとうございました。

3年生 神奈川県 木村さん

サンプル教材を本人が気に入り、5月号から始めました。クイズのような感覚で楽しみながら問題に取り組め、親子とも満足しています。

1年生 埼玉県 髙篠さん

今月号も楽しく取り組むことができました。さんすうは一人で出来ますが、こくごは、最後まで問題文を読んでいなかったり、知らない言葉があったりします。正しい日本語を意識していこうと思います。

1年生 神奈川県 西さん

4月より年長になりました。1学年上の1年生コースに挑戦しています。毎朝少しずつ進めていますが、とても楽しんで取り組んでいます。

学習指導書がとてもきめ細やかで、子どもといっしょに取り組むのに、参考に、隅々まで読んでいます。ブックガイドを頼りに、本を借りています。さすがにまだ少し「背伸び」のレベルのものもあるので、ゆっくり読み進めていけたらと思っています。

1年生 東京都 山川さん

ピグマキッズくらぶの特徴

思考力・記述力重視で中学受験指導に実績・定評のあるサピックス。そのサピックスが、教室の現場から研究・開発した、低・中学年のための通信教育教材です。子どもたちの考える力と創造する力を活性化させ、将来の自立的学習へ導くカリキュラム。学ぶ楽しさ、発見する驚き、わかる喜びがいっぱいです。

「ピグマ」とは

「ピグマ Pigma」は、教育心理学における「ピグマリオン効果(Pygmalion effect)」に由来して名づけられました。
 ピグマリオンは、ギリシャ神話に登場する人物です。キプロス島の王ピグマリオンは自分で作った象牙の女神像に恋し、本当の人間に変えたいと願いました。その一途な思いに動かされた女神アフロディーテはその像に生命を与え、ピグマリオンの妻とさせたのです。
 ハーバード大学のローゼンソール(Rosenthal.R)教授らは、教師に「伸びてほしい」と期待された子どもは、そうでない子どもより知能テストの成績上昇率が大きいことを実証しました。そこで「教育を支援するものが学習者に対して絶対的な信頼をもつことにより驚異的な教育効果が得られること」を、ギリシャ神話にたとえ「ピグマリオン効果」と呼びました。

親の愛情と関わりが子どもの意欲を高める

 「教師」を「親」に置き換えてみてください。親子の絆が強い低学年の時期だからこそ、親の役割が大きく、親の子どもへの愛情や期待、関わりが大きければ大きいほど、子どもの知能の発達が促されると確信しています。

 「ピグマキッズくらぶ」の教材があれば、親子で学習を楽しみながら、さまざまな話をはずませることができます。その会話の過程がまさに学習の重要な過程であり、学習そのものなのです。

 サピックスは、「学び」の原点をもう一度見直していただきたく、あえて、親が子どもの学習に積極的に関わり、親子で学ぶ通信教育"ピグマキッズくらぶ"を開講しました。

  • ピグマにチャレンジ!
  • お友達紹介プレゼント
PIGMA kids SAPIX 小学部 SAPIX 中学部 PRIVATO YSAPIX 代々木ゼミナール