SAPIXの通信教育

お子様の可能性を引出し 将来を見据えた学力を育む サピックスメソッドをご家庭で

会員様の声

子どもは問題がおもしろいと言っています。特に「ピグマはかせ」が好きらしく、喜んでおります。初めての「てんさく問題」には緊張したようですが、本人なりにていねいにやっておりました。

1年生 神奈川県 小野さん

一年間、ピグマにお世話になり、本人の取り組み方も意欲的になり、頭を使って問題に向かう姿勢が培われてきたと感じております。毎回、質の高い問題を提供していただき感謝申し上げます。二年生では、字をきれいに書くことや、自分で文章を考えて書く際に、さまざまなイメージを持ち、それらを膨らませながら答えることができるよう、親としてもサポートして、親子共々よい学びをしていきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

2年生 東京都 杉田さん

計算、図形等は得意ですが、p.9の「くりひろい」などの式を立てる問題や、「ピグマとしょかん」などの長文読解問題は苦手の様子です。くりかえすことで少しずつ出来るようになればと思っています。習い事のない日や休日などに取り組んでいますが、本人が疲れているときに苦手なところにあたると、親子げんかになってしまうこともあり、そうしたときは順番を変えて得意な方からさせたりしています。家庭学習は概ね楽しく、やる気も十分ですが、こうしたけんかにならずに上手くやるにはどうしたらよいかと時折頭を悩ませています。

1年生 兵庫県 1年もあと少し!さん

学年の先取り学習ではなく、思考力を鍛えたいな、と教材をさがしていたところ、『きらめき算数脳』を書店で見つけました。娘も大変気に入り、楽しく取り組んでいたため、早速、ピグマのお試し教材を取り寄せ、受講をスタートいたしました。娘は毎月ピグマが届くのが楽しみで、楽しく取り組んでおります。今はまだ学校の宿題も多くないため、自分で計画を立てて取り組んでいます。引き続きよろしくお願いいたします。

 

2年生 東京都 倉谷さん

3月で4年間続けましたピグマキッズくらぶを終了することになりました。小学校に入る1年ほど前に本人から「小学校に入ったら一番になりたいから勉強したい」といった強う思いを伝えられ、そこから1年生4月号のピグマを始めました。常に一年先の勉強だったのですが、教材のやり方に沿って上手く波に乗れたと思います。後半の2年位はほとんど一人で進めていくことができました。おかげさまで学校でも常にトップをキープしており、本人の大きな自信と意欲につながっています。本当にありがとうございました。

3年生 東京都 岡崎さん

ピグマキッズくらぶの特徴

思考力・記述力重視で中学受験指導に実績・定評のあるサピックス。そのサピックスが、教室の現場から研究・開発した、低・中学年のための通信教育教材です。子どもたちの考える力と創造する力を活性化させ、将来の自立的学習へ導くカリキュラム。学ぶ楽しさ、発見する驚き、わかる喜びがいっぱいです。

「ピグマ」とは

「ピグマ Pigma」は、教育心理学における「ピグマリオン効果(Pygmalion effect)」に由来して名づけられました。
 ピグマリオンは、ギリシャ神話に登場する人物です。キプロス島の王ピグマリオンは自分で作った象牙の女神像に恋し、本当の人間に変えたいと願いました。その一途な思いに動かされた女神アフロディーテはその像に生命を与え、ピグマリオンの妻とさせたのです。
 ハーバード大学のローゼンソール(Rosenthal.R)教授らは、教師に「伸びてほしい」と期待された子どもは、そうでない子どもより知能テストの成績上昇率が大きいことを実証しました。そこで「教育を支援するものが学習者に対して絶対的な信頼をもつことにより驚異的な教育効果が得られること」を、ギリシャ神話にたとえ「ピグマリオン効果」と呼びました。

親の愛情と関わりが子どもの意欲を高める

 「教師」を「親」に置き換えてみてください。親子の絆が強い低学年の時期だからこそ、親の役割が大きく、親の子どもへの愛情や期待、関わりが大きければ大きいほど、子どもの知能の発達が促されると確信しています。

 「ピグマキッズくらぶ」の教材があれば、親子で学習を楽しみながら、さまざまな話をはずませることができます。その会話の過程がまさに学習の重要な過程であり、学習そのものなのです。

 サピックスは、「学び」の原点をもう一度見直していただきたく、あえて、親が子どもの学習に積極的に関わり、親子で学ぶ通信教育"ピグマキッズくらぶ"を開講しました。

  • ピグマにチャレンジ!
  • お友達紹介プレゼント
PIGMA kids SAPIX 小学部 SAPIX 中学部 PRIVATO YSAPIX 代々木ゼミナール